内装リフォームのポイント

クロスの貼り分け

無難に白を選んでしまった…
前と同じような柄・色を選んでしまった…
と後悔される方がよくいらっしゃいます。
せっかくのリフォームですから、すこし思い切ってアクセントを入れてみるのも良いかもしれません。
全面に柄物や濃い目の色などを持ってくるとうるさく感じますが、一面のみ・腰の高さまで、といった部分使いなら室内の雰囲気もまとまりやすくなります。
下記に、クロス貼り分けの例をいくつか紹介します。

一面のみ色を変えて貼り分けた例

一面のみ色を変えて貼り分けた例

落ち着いたトーンの色を合わせる事で、ぐっとシックな空間になります。

コーナー部のみ貼り分けた例

コーナー部のみ貼り分けた例

アクセントとして同系色でまとめると、少し派手な柄でも違和感はありません。

横方向にトリム(ボーダー状の飾り)を使用した例

横方向にトリム(ボーダー状の飾り)を使用した例

1本のラインが入るだけで、印象はこんなにも変わります。

縦方向のトリムと貼り分けを組み合わせた例

縦方向のトリムと貼り分けを組み合わせた例

トリムを組み合わせる事によって、より明確な部分貼り分けもできます。

和室をイメージした部屋の例

和室をイメージした部屋の例

床に座るスタイルなので、低めの場所で貼り分けるとうるさく感じません

和室でのクロス貼り分けの例

和室でのクロス貼り分けの例

和室なら、普段は使わないような色でもしっくりまとまります。